Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/803-f130bf95

トラックバック

コメント

[C1051] 祉潟潟鐚&Y鐚

PING:
IP:
BLOG NAME
祉潟潟URL鐚ttp://www.7andy.jp
CM薤贋帥ahoo!JAPANゃ┃腴潟ゃ後若鴻鴻≪ゃ

[C1050] 荀ぇユ絽蚊坂

PING:
IP:
BLOG NAME
障膣障障鐚綛眼篋榊筝吾ц≪坂с障с若梧帥障紊ф純鐔ワ愁鐔ャ帥с

[C1049] 西牟田靖『僕の見た「大日本帝国」』

PING:
IP:
BLOG NAME
 西牟田靖著『僕の見た「大日本帝国」/教わらなかった歴史と出会う旅』(情報センター出版局/1300円)読了。
 日の丸をあしらったブック・デザインと書名から、「右翼の本?」と誤解する向き

[C1048] 僕の見た「大日本帝国」読了

PING:
IP:
BLOG NAME
5/5に買った「僕の見た『大日本帝国』」を遂に読破。韓国編と旧満州国編での現地の複雑な反応がリアルでした。筆者である西牟田さんの行動力とバランス感覚あっての取材日記、4月に友達の本を読んだ時には第3刷だったのが今回第4刷、現在は5刷が店頭に並ぶほどの好調な売上が

[C1047] P.S. 僕の見た「大日本帝国」購入

PING:
IP:
BLOG NAME
4/28分に著者の西牟田さんからコメントをいただいたこともあり、英林堂書店で1冊残ってた「僕の見た『大日本帝国』」を購入。読み終えたらまた感想を書くので、なにとぞよろしくです。...

[C1046] 僕の見た大日本帝国/西牟田靖 著

PING:
IP:
BLOG NAME
書店で見かけても、絶対手が伸びないようなタイトルの本。
私がなぜこの本を読んだのかというと、この本の編集者が私の大学の先輩で、私に送ってきてくれたからだ。
タイトルだけ見ると、現在75才くらいのおじいさんが少年時代に見た大日本帝国の様子を書いている本のようだが、内容はまったく違う。
これは、30才を過ぎたくらいのフリーのライターが、「深夜特急」みたいなバックパッカーのような旅をしながら、かつて日本が占領していたアジアの土地、樺太、台湾、韓国、北朝鮮、中国東北部、ミクロネシアを巡り、その...

[C1045] 僕の見た「大日本帝国」

PING:
IP:
BLOG NAME
友達から借りた「僕の見た『大日本帝国』」を、昨晩から読んでます。
1970年生まれの筆者がサハリン訪問をきっかけとして、かつて大日本帝国の領土となっていた国・地域(サハリン、台湾、朝鮮半島、ミクロネシア、満州)に残された痕跡を探しに行くルポで、イデオロギー

[C1044] 中国での反日デモ!

PING:
IP:
BLOG NAME
■西牟田さんの「僕の見た大日本帝国」はとても新鮮!!!

[C1043] 「ツナミ」より「イロハ」を

PING:
IP:
BLOG NAME
身を空に擲ち
忘れたい夢もある
始末描き得ぬ
朧世葬り
先途寒く
火の粉居て屋根へ
みをそらになけうちわすれたいゆめもあるしまつゑかきえぬ
おほろよはふりせんとさむくひのこゐてやねへ
 スマトラへは二度も地震が来たる次第にて、海底の大断層の写真も見せられたれど、地球環境がそろそろ酷使に耐へ切れずに、故障を来せるやと危ぶむ。仙台の小五女児はその後無事帰宅せるやうにて安堵したれど、畏き辺より下々に至るまで今一つ情緒不安定にして運気の波を呼び込むことを得ず。却て「ツナミ」といふ大災害の語をスマトラ沖地...

[C1042] 『僕の見た「大日本帝国」』 西牟田 靖

PING:
IP:
BLOG NAME
[tagosaku「斜め下45度から :『僕の見た「大日本帝国」』」]
読み終わったので、感想のような、自分の感じたことを書いてみる。
今、tagosakuさんのページでは、竹島を訪れた際の写真も載っている。人々の表情が興味深い。
この本が連れていってくれるのは、近くて遠い国の日本の痕跡、そこに生きる人の数奇な運命の...

[C1041] 本を大人買い

PING:
IP:
BLOG NAME
気分が優れないときは、買い物です。
久しぶりに本屋さんに行って、大人買いしてきました。
ハードカバーを4冊ほど
2冊は研究用(←高い!)
読まなければならない本。半分義務。
こういうのって、つんどくだけになる可能性大。
あとの2冊は娯楽用。
1冊目は
[斜め下45度から]のtagosakuさんが書かれた
『僕の見た「...

[C1040] 出版記念オフ2 (3/26)

PING:
IP:
BLOG NAME
 楽しみにされている方、たいへんお待たせしました。前回開催して好評を博した“出版記念オフ”の第2弾を開催いたします。
 内容は本を書いてみたい人が対象ですが、渋井さんや西牟田さんに関心がある人、今回の新刊の内容に興味がある人、何だかおもしろそうだから行く、でもいいです。気軽に参加表明してみてください。ドタキャンOK。なお、会場のキャパを超える場合は、募集をしめきることがあります。詳しい内容は下記をご覧ください。
FreeML「トラベルライターML」
   mixi「トラベルライター」
-...

[C1039] 『僕の見た「大日本帝国」』西牟田靖著/情報センター出版局

PING:
IP:
BLOG NAME
Blogというのは“繋がって”いくものということが実感しています。僕がもしDoblogでblogをやっていなかったら、この本を読むことはなかっただろう。100%ないとは言えない(書店店頭で見かけたら買うかもしれない内容ではある)が。この本の著者はDoblogでBlogを展開されている。
著者の西牟田さんは1970年生まれというからボクとひとつ違いの同年代だ。...

[C1038]

拝読いたしました。
ご丁寧にありがとうございます。
いつものサイトではないのですね。
netoさんのような頭のいい方に、
良い風に解釈・解説をしていただいて光栄です。
片倉さんと同じ星の数をいただけるように今後も精進いたします。

  • 2005-10-10 07:34
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1037]

tagosakuさん こんにちは
遅蒔きながら、読ませていただきました。
自分勝手な感想文を別のところに上げましたので、TB入れさせていただきました。お気に障りましたら削除いたしますので、ご遠慮なくお知らせください。次回作も楽しみにしてます
  • 2005-10-10 02:30
  • neto
  • URL
  • 編集

[C1036]

そうか、出てたか。
  • 2005-09-10 16:01
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1035]

産経新聞の3面に広告出てたな。スーツ姿が新鮮やったで。
  • 2005-09-09 10:25
  • CMC
  • URL
  • 編集

[C1034]

拙著をよろしくお願いします。
ご友人のブログご紹介ありがとうございました。
  • 2005-07-29 01:03
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1033]

勝谷さんと知り合いの私の知人のhttp://ayako-ha.cocolog-nifty.com/ayakoha/" TARGET="_blank">記事です。
わたしも読ませていただきますね。
  • 2005-07-28 12:07
  • emichan/su
  • URL
  • 編集

[C1032]

ゆうや様
長文の感想元気づけられました。
TBありがとうございます。
せっかくしていただいたのに削除は出来ないですよ。
  • 2005-06-21 12:05
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1031]

あこがれの西牟田さんご本人からブログにコメントをいただけるなんて・・・
ちょーびっくり!ありがとうございました。
さっきトラックバックさせていただいたんですけど、
文字が完璧バケラッタになって、見苦しいことになってしまいました。
削除お願いできますか?お手数をおかけしてすいません。
大日本帝国・・・ぼくのブログを読んだ女の子が読んだそうです。
「買ってよかった」と喜んでいます。では・・・また。

[C1030]

中高生にはまだ難しいんでしょうかね。うちの甥っ子らもまだ読んでないみたいですから。
  • 2005-06-11 18:50
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1029]

始めまして。

とても興味深く、面白く読ませていただきました。そして、日本がほんの数十年前に行ったことに、静かなショックを感じました。

息子たち(14歳、17歳)も読んでくれたらいいかなーとさりげなく本棚においてありますが果たして?夫は、「また変な本を読んでるな」と心配そうでありました。(失礼)



[C1028]

ゲラを見る限りはお経を唱える空海像(だっけ?お経が口から固まりになってるアレ)って感じに見えたけどね。
  • 2005-05-26 11:13
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1027]

見たよ。ジャケット姿が新鮮に感じたよ
  • 2005-05-26 10:18
  • CMC
  • URL
  • 編集

[C1026]

よろしくー。
  • 2005-05-16 10:35
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1025]

連絡ありがとう。当日チェックしてみるわ(笑)
  • 2005-05-14 10:06
  • CMC
  • URL
  • 編集

[C1024]

拝読ありがとうございました。
差し支えなければアマゾンかセブンアンドワイのレビューに書いていただけますか?
  • 2005-05-03 12:08
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1023]

まさか著者のblogにつながるとは思っていませんでした。失礼なことを書いているにも関わらず、そのままトラバするという暴挙に出ました。すいません。いや、でも、T氏に送ってもらって読んだわけですが、とても貴重な間接体験をさせていただきました。面白かったです。

[C1022]

hamanewさま
詳細ありがとうございます。
って掲載日についてはすでにお伝えくださっていたのですね。
失礼いたしました。
それにしてもアマゾン、時間かかりますね。
中古で2300円とかで売ってる輩がいるし。苦笑
  • 2005-03-23 09:58
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1021]

掲載日は3月20日(日)、徳島新聞朝刊です。
アマゾンには2/27に注文しまして
3/13に到着しました。
第1刷でした。
  • 2005-03-22 22:09
  • hamanew
  • URL
  • 編集

[C1020]

正確な掲載日を教えていただけますか?
アマゾンはいつ注文していつとどきました?
ありがとうございました。
  • 2005-03-22 02:37
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1019]

共同通信社分でしょうか?
昨日徳島新聞にインタビューが掲載されていました。
アマゾンに注文した分が先日届きましたので
読み始めています。
  • 2005-03-21 22:00
  • hamanew
  • URL
  • 編集

[C1018]

たまたまみてたんでね。
  • 2005-03-18 12:55
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1017]

Res早!
勝谷氏ベタホメじゃないですか。
さるさる日記は見てる人は多いと思うので、いい宣伝になりましたね。
いい本は売れるべし。
  • 2005-03-18 12:45
  • guro
  • URL
  • 編集

[C1016]

もちろん知ってるよ。
  • 2005-03-18 12:29
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1015]

勝谷氏のさるさる日記で紹介されてましたよ。ご報告まで。

http://www.diary.ne.jp/user/31174/?

[C1014]

ウナ様
相変わらず配本が追いついていません。
嬉しい反面、もどかしさも感じます。
まあなにはともあれめでたいことです。
喜んでくれて僕も嬉しいです。

ほぼ同世代の作家には、自分たちが体験したことのない「戦争」というものを真剣に考えている者が何人かいます。イージスやローレライの福井晴敏、「となり町戦争」の三崎亜記ですね。他にもいるかもしれませんが。彼らと発表の時期や世代がほぼ同じというのは偶然なんでしょうかね。気になるところです。なお「となり町戦争」の装幀も鈴木氏です。
  • 2005-03-04 01:09
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1013]

ここのところ忙しく、パーティーもせっかくお声を掛けていただいたのに参加できず……。実はまだ現物も見ていないんです。というか書店でも全然見かけなくて……実は品薄だったんですね。発行早々に増刷とはすばらしいです。何だか僕までうれしいですよ。というわけで書店で見かけたら絶対買います。
  • 2005-03-04 00:38
  • ウナ
  • URL
  • 編集

[C1012]

お買い上げありがとうございます。
サハリンですが、かなりは破壊されていますよ。
だからこそ見つけたときびっくりしたんです。
  • 2005-03-01 11:37
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1011]

昨日、六本木の書店で買いました。(すみません。新宿の紀伊国屋まで行く体力がなくて、会社の近所で買ってしまいました。)

まだ、最初の樺太のところしか読んでいないのですが、近くて遠い国の旅は、とても興味をそそります。
朝鮮とかは、日本の象徴としての鳥居とかは戦後壊したりしたのでしょうけど、ロシアは、占領されていたわけでないので、壊さなかったのでしょうかね。本当に、不思議な光景です。

続きを読むのが楽しみです・・・・。


  • 2005-03-01 11:33
  • 栗坊
  • URL
  • 編集

[C1010]

おかげでアマゾンのランキングがドカッとあがったよ。
8万台だったのが現在170位。
  • 2005-02-28 02:14
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『僕の見た「大日本帝国」』関連情報

書籍の紹介
竹島紀行も含まれています。

書店の皆様
ポップを用意しています。こちらをクリックし、ダウンロードしてください。それを実寸でプリント、厚紙等に貼っていただければ、そのまま店頭ポップとして利用していただけます。

3月末までの動き
4月の動き
5月の動き


6/1 TBSメディア総合研究所のHP内、メディアノートというコラムで紹介される。執筆はTBSの執行役員でこの会社の社長である前川英樹氏。
6/2 「新文化」という出版業界紙に全5段の広告掲載。
6/6 「公明新聞」に書評掲載。評者は前原政之氏。
6/8 セブンアンドワイの日本ノンフィクションで1位、ノンフィクションで4位、文芸で54位。
6/10 月刊誌「中央公論」に書評掲載。
6/16 「週刊文春」に「日本の足あと」写真が数ページ掲載。
6/19 蔦屋の週刊ベストセラー(集計期間:2005/6/8~2005/6/14)の文芸部門で3位。
6/20 7刷決定。
6/26 WTN-Jという世界をバイクで駆け回る人たちの会、その会の主催するお話会に話し手として出演します。つまり講演会です。日曜の午後。場所は東京の目黒区民センターです。
7/15 セブン・アンド・ワイの日本ノンフィクションでひさびさに1位、ノンフィクションでは8位でした。
7/21 アマゾンで66位まで上昇。
8/3 「ダカーポ」で拙著制作の実際についてのインタビューが掲載されています。
8/6 「ラピタ」9月号に掲載されました。あと、最近みたいですけど「本の雑誌」にも紹介されていたようです。
8/10 「SAPIO」の特集「2005年上半期を読む「私の1冊」」に選ばれました。(選者:恵谷治)
8/22 発売直後以来、たぶん初めてベスト10000から転落_l ̄l○ベスト10000以内にすぐまた戻りましたが。
8/18 新潮ドキュメント賞の候補になる。
8/29 新潮ドキュメント賞の受賞を逃す。


通販は以下にアクセスお願いします。
●セブンアンドワイ
●紀伊国屋ブックウェブ
●クロネコヤマトのブック急便
●amazon.co.jp
●楽天ブックス
●ジュンク堂
●三省堂(bk1)
●ライブドアブックス
●マナハウス
●jbook(文教堂)
●e-hon
●ファミマ・ドット・コム
●boople
●旭屋書店netdirect
●丸善インターネットショッピング

関連記事
『僕の見た「大日本帝国」』の新しいオビ
アマゾンのトップページに載っています
新潮ドキュメント賞の候補になりました
いよいよです
結果発表
2005年 上半期 本の評判 ランキング

6月以前の関連記事はこちら

AUTHOR: 杉岡幸徳 URL: http://www.sugikoto.com/ DATE: 02/27/2005 11:19:19 読売新聞みたで。
明日を見つめる、すばらしい表情やったな。
感動した。
あれはどこで撮ったの?
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/803-f130bf95

トラックバック

コメント

[C1051] 祉潟潟鐚&Y鐚

PING:
IP:
BLOG NAME
祉潟潟URL鐚ttp://www.7andy.jp
CM薤贋帥ahoo!JAPANゃ┃腴潟ゃ後若鴻鴻≪ゃ

[C1050] 荀ぇユ絽蚊坂

PING:
IP:
BLOG NAME
障膣障障鐚綛眼篋榊筝吾ц≪坂с障с若梧帥障紊ф純鐔ワ愁鐔ャ帥с

[C1049] 西牟田靖『僕の見た「大日本帝国」』

PING:
IP:
BLOG NAME
 西牟田靖著『僕の見た「大日本帝国」/教わらなかった歴史と出会う旅』(情報センター出版局/1300円)読了。
 日の丸をあしらったブック・デザインと書名から、「右翼の本?」と誤解する向き

[C1048] 僕の見た「大日本帝国」読了

PING:
IP:
BLOG NAME
5/5に買った「僕の見た『大日本帝国』」を遂に読破。韓国編と旧満州国編での現地の複雑な反応がリアルでした。筆者である西牟田さんの行動力とバランス感覚あっての取材日記、4月に友達の本を読んだ時には第3刷だったのが今回第4刷、現在は5刷が店頭に並ぶほどの好調な売上が

[C1047] P.S. 僕の見た「大日本帝国」購入

PING:
IP:
BLOG NAME
4/28分に著者の西牟田さんからコメントをいただいたこともあり、英林堂書店で1冊残ってた「僕の見た『大日本帝国』」を購入。読み終えたらまた感想を書くので、なにとぞよろしくです。...

[C1046] 僕の見た大日本帝国/西牟田靖 著

PING:
IP:
BLOG NAME
書店で見かけても、絶対手が伸びないようなタイトルの本。
私がなぜこの本を読んだのかというと、この本の編集者が私の大学の先輩で、私に送ってきてくれたからだ。
タイトルだけ見ると、現在75才くらいのおじいさんが少年時代に見た大日本帝国の様子を書いている本のようだが、内容はまったく違う。
これは、30才を過ぎたくらいのフリーのライターが、「深夜特急」みたいなバックパッカーのような旅をしながら、かつて日本が占領していたアジアの土地、樺太、台湾、韓国、北朝鮮、中国東北部、ミクロネシアを巡り、その...

[C1045] 僕の見た「大日本帝国」

PING:
IP:
BLOG NAME
友達から借りた「僕の見た『大日本帝国』」を、昨晩から読んでます。
1970年生まれの筆者がサハリン訪問をきっかけとして、かつて大日本帝国の領土となっていた国・地域(サハリン、台湾、朝鮮半島、ミクロネシア、満州)に残された痕跡を探しに行くルポで、イデオロギー

[C1044] 中国での反日デモ!

PING:
IP:
BLOG NAME
■西牟田さんの「僕の見た大日本帝国」はとても新鮮!!!

[C1043] 「ツナミ」より「イロハ」を

PING:
IP:
BLOG NAME
身を空に擲ち
忘れたい夢もある
始末描き得ぬ
朧世葬り
先途寒く
火の粉居て屋根へ
みをそらになけうちわすれたいゆめもあるしまつゑかきえぬ
おほろよはふりせんとさむくひのこゐてやねへ
 スマトラへは二度も地震が来たる次第にて、海底の大断層の写真も見せられたれど、地球環境がそろそろ酷使に耐へ切れずに、故障を来せるやと危ぶむ。仙台の小五女児はその後無事帰宅せるやうにて安堵したれど、畏き辺より下々に至るまで今一つ情緒不安定にして運気の波を呼び込むことを得ず。却て「ツナミ」といふ大災害の語をスマトラ沖地...

[C1042] 『僕の見た「大日本帝国」』 西牟田 靖

PING:
IP:
BLOG NAME
[tagosaku「斜め下45度から :『僕の見た「大日本帝国」』」]
読み終わったので、感想のような、自分の感じたことを書いてみる。
今、tagosakuさんのページでは、竹島を訪れた際の写真も載っている。人々の表情が興味深い。
この本が連れていってくれるのは、近くて遠い国の日本の痕跡、そこに生きる人の数奇な運命の...

[C1041] 本を大人買い

PING:
IP:
BLOG NAME
気分が優れないときは、買い物です。
久しぶりに本屋さんに行って、大人買いしてきました。
ハードカバーを4冊ほど
2冊は研究用(←高い!)
読まなければならない本。半分義務。
こういうのって、つんどくだけになる可能性大。
あとの2冊は娯楽用。
1冊目は
[斜め下45度から]のtagosakuさんが書かれた
『僕の見た「...

[C1040] 出版記念オフ2 (3/26)

PING:
IP:
BLOG NAME
 楽しみにされている方、たいへんお待たせしました。前回開催して好評を博した“出版記念オフ”の第2弾を開催いたします。
 内容は本を書いてみたい人が対象ですが、渋井さんや西牟田さんに関心がある人、今回の新刊の内容に興味がある人、何だかおもしろそうだから行く、でもいいです。気軽に参加表明してみてください。ドタキャンOK。なお、会場のキャパを超える場合は、募集をしめきることがあります。詳しい内容は下記をご覧ください。
FreeML「トラベルライターML」
   mixi「トラベルライター」
-...

[C1039] 『僕の見た「大日本帝国」』西牟田靖著/情報センター出版局

PING:
IP:
BLOG NAME
Blogというのは“繋がって”いくものということが実感しています。僕がもしDoblogでblogをやっていなかったら、この本を読むことはなかっただろう。100%ないとは言えない(書店店頭で見かけたら買うかもしれない内容ではある)が。この本の著者はDoblogでBlogを展開されている。
著者の西牟田さんは1970年生まれというからボクとひとつ違いの同年代だ。...

[C1038]

拝読いたしました。
ご丁寧にありがとうございます。
いつものサイトではないのですね。
netoさんのような頭のいい方に、
良い風に解釈・解説をしていただいて光栄です。
片倉さんと同じ星の数をいただけるように今後も精進いたします。

  • 2005-10-10 07:34
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1037]

tagosakuさん こんにちは
遅蒔きながら、読ませていただきました。
自分勝手な感想文を別のところに上げましたので、TB入れさせていただきました。お気に障りましたら削除いたしますので、ご遠慮なくお知らせください。次回作も楽しみにしてます
  • 2005-10-10 02:30
  • neto
  • URL
  • 編集

[C1036]

そうか、出てたか。
  • 2005-09-10 16:01
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1035]

産経新聞の3面に広告出てたな。スーツ姿が新鮮やったで。
  • 2005-09-09 10:25
  • CMC
  • URL
  • 編集

[C1034]

拙著をよろしくお願いします。
ご友人のブログご紹介ありがとうございました。
  • 2005-07-29 01:03
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1033]

勝谷さんと知り合いの私の知人のhttp://ayako-ha.cocolog-nifty.com/ayakoha/" TARGET="_blank">記事です。
わたしも読ませていただきますね。
  • 2005-07-28 12:07
  • emichan/su
  • URL
  • 編集

[C1032]

ゆうや様
長文の感想元気づけられました。
TBありがとうございます。
せっかくしていただいたのに削除は出来ないですよ。
  • 2005-06-21 12:05
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1031]

あこがれの西牟田さんご本人からブログにコメントをいただけるなんて・・・
ちょーびっくり!ありがとうございました。
さっきトラックバックさせていただいたんですけど、
文字が完璧バケラッタになって、見苦しいことになってしまいました。
削除お願いできますか?お手数をおかけしてすいません。
大日本帝国・・・ぼくのブログを読んだ女の子が読んだそうです。
「買ってよかった」と喜んでいます。では・・・また。

[C1030]

中高生にはまだ難しいんでしょうかね。うちの甥っ子らもまだ読んでないみたいですから。
  • 2005-06-11 18:50
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1029]

始めまして。

とても興味深く、面白く読ませていただきました。そして、日本がほんの数十年前に行ったことに、静かなショックを感じました。

息子たち(14歳、17歳)も読んでくれたらいいかなーとさりげなく本棚においてありますが果たして?夫は、「また変な本を読んでるな」と心配そうでありました。(失礼)



[C1028]

ゲラを見る限りはお経を唱える空海像(だっけ?お経が口から固まりになってるアレ)って感じに見えたけどね。
  • 2005-05-26 11:13
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1027]

見たよ。ジャケット姿が新鮮に感じたよ
  • 2005-05-26 10:18
  • CMC
  • URL
  • 編集

[C1026]

よろしくー。
  • 2005-05-16 10:35
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1025]

連絡ありがとう。当日チェックしてみるわ(笑)
  • 2005-05-14 10:06
  • CMC
  • URL
  • 編集

[C1024]

拝読ありがとうございました。
差し支えなければアマゾンかセブンアンドワイのレビューに書いていただけますか?
  • 2005-05-03 12:08
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1023]

まさか著者のblogにつながるとは思っていませんでした。失礼なことを書いているにも関わらず、そのままトラバするという暴挙に出ました。すいません。いや、でも、T氏に送ってもらって読んだわけですが、とても貴重な間接体験をさせていただきました。面白かったです。

[C1022]

hamanewさま
詳細ありがとうございます。
って掲載日についてはすでにお伝えくださっていたのですね。
失礼いたしました。
それにしてもアマゾン、時間かかりますね。
中古で2300円とかで売ってる輩がいるし。苦笑
  • 2005-03-23 09:58
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1021]

掲載日は3月20日(日)、徳島新聞朝刊です。
アマゾンには2/27に注文しまして
3/13に到着しました。
第1刷でした。
  • 2005-03-22 22:09
  • hamanew
  • URL
  • 編集

[C1020]

正確な掲載日を教えていただけますか?
アマゾンはいつ注文していつとどきました?
ありがとうございました。
  • 2005-03-22 02:37
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1019]

共同通信社分でしょうか?
昨日徳島新聞にインタビューが掲載されていました。
アマゾンに注文した分が先日届きましたので
読み始めています。
  • 2005-03-21 22:00
  • hamanew
  • URL
  • 編集

[C1018]

たまたまみてたんでね。
  • 2005-03-18 12:55
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1017]

Res早!
勝谷氏ベタホメじゃないですか。
さるさる日記は見てる人は多いと思うので、いい宣伝になりましたね。
いい本は売れるべし。
  • 2005-03-18 12:45
  • guro
  • URL
  • 編集

[C1016]

もちろん知ってるよ。
  • 2005-03-18 12:29
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1015]

勝谷氏のさるさる日記で紹介されてましたよ。ご報告まで。

http://www.diary.ne.jp/user/31174/?

[C1014]

ウナ様
相変わらず配本が追いついていません。
嬉しい反面、もどかしさも感じます。
まあなにはともあれめでたいことです。
喜んでくれて僕も嬉しいです。

ほぼ同世代の作家には、自分たちが体験したことのない「戦争」というものを真剣に考えている者が何人かいます。イージスやローレライの福井晴敏、「となり町戦争」の三崎亜記ですね。他にもいるかもしれませんが。彼らと発表の時期や世代がほぼ同じというのは偶然なんでしょうかね。気になるところです。なお「となり町戦争」の装幀も鈴木氏です。
  • 2005-03-04 01:09
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1013]

ここのところ忙しく、パーティーもせっかくお声を掛けていただいたのに参加できず……。実はまだ現物も見ていないんです。というか書店でも全然見かけなくて……実は品薄だったんですね。発行早々に増刷とはすばらしいです。何だか僕までうれしいですよ。というわけで書店で見かけたら絶対買います。
  • 2005-03-04 00:38
  • ウナ
  • URL
  • 編集

[C1012]

お買い上げありがとうございます。
サハリンですが、かなりは破壊されていますよ。
だからこそ見つけたときびっくりしたんです。
  • 2005-03-01 11:37
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1011]

昨日、六本木の書店で買いました。(すみません。新宿の紀伊国屋まで行く体力がなくて、会社の近所で買ってしまいました。)

まだ、最初の樺太のところしか読んでいないのですが、近くて遠い国の旅は、とても興味をそそります。
朝鮮とかは、日本の象徴としての鳥居とかは戦後壊したりしたのでしょうけど、ロシアは、占領されていたわけでないので、壊さなかったのでしょうかね。本当に、不思議な光景です。

続きを読むのが楽しみです・・・・。


  • 2005-03-01 11:33
  • 栗坊
  • URL
  • 編集

[C1010]

おかげでアマゾンのランキングがドカッとあがったよ。
8万台だったのが現在170位。
  • 2005-02-28 02:14
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。