Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/842-7ea49f6f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

愛・地球博について・前編

愛知県で愛・地球博が始まった。
もう何年も前からプレイベントをやってたり、モリゾーとキッコロなるマスコットが発表されたりと、えらく気合いが入っている様子がうかがえる。

博覧会というと僕にとっては地元で行われた二つが思い出に残っている。
1970年の万博の開催時、生後数ヶ月だった。両親に連れられて見に行っているらしいが、まったく記憶にはない。一方、中学生のころぐらいまでだったか、家には太陽の塔のソフトビニールがあり、幼少のころ、よくそれを噛んでいて、噛み心地が僕の思い出になっている。

1990年、半年間、行われた「花と緑の博覧会」、通称:花博が行われたとき、僕は大学生だった。守口市と鶴見区の間、世界各地の花々やら当時の最先端技術、ときどきコンサートなども行われていたと思う。どの会場だったかは覚えていないが、売れる前のジェニファー・ロペスが踊っていたりもしていたらしい。

バイト先だったライブハウス、神戸チキンジョージの同僚だった女の子とグループデートをやったのはいい思い出になっている。同僚が連れてきた、藤原紀香の同級生でもあった芦屋のお嬢さんたちは今どうしているんだろうか。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/842-7ea49f6f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。