Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/851-91814e3a

トラックバック

コメント

[C1159]

おう。
  • 2005-04-07 00:56
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1158]

そうなんかな。
よかったら、その写真もアップしてください。

[C1157]

もしかしたら木の幹の御神輿のことかな。
  • 2005-04-07 00:06
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1156]

HIRO_KIさん、貴重な情報をありがとうございます。
20年前には、まだ外人は氾濫していなかったんですね。
そのころから、ピンクのエリザベス神輿はあったんでしょうか?

>父が子供の頃は女性のご神体(女神輿)は無かったそうです。

え、かなまらに、女性のご神体は出ていましたっけ?
西牟田君、ありました?

[C1155]

HIRO_KIさん
なるほどです。わざわざ電話までしていただき確かめていただいてありがとうございました。
杉岡さん
うんちくがふえてよかったなあ。
  • 2005-04-06 01:21
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1154]

なげえよ!と怒られましたので分割して・・・


って事は、まず今から40年ほど昔と、20年ほど昔では随分と祭りの雰囲気は違うのでしょうね。俺の記憶を遡ると、少なくとも出店(と言ってもあの狭い境内に2,3店だった気が致します)が出て、すぐ近所で楽しいお祭りが春にあると言うのは覚えているので、大よそ20年ほど昔と今とでは、変わっていないのかもしれません。間違いなく覚えているのは、当時は外人さんなんていらっしゃいませんでしたよ。ここ最近でメジャーになったんでしょうか。

と言ったところです。
長々と失礼致しました。
  • 2005-04-05 21:30
  • HIRO_KI
  • URL
  • 編集

[C1153]

>西牟田さん
>杉岡幸徳さん

俺が子供の頃は、ちんちんのお祭りーなどと今ではとてもではありませんが人前で発する事の出来ない表現をしつつ連れていってもらっていた記憶があります。

この話が出たんで、父に電話して聞いてみましたところ、父が子供の頃は女性のご神体(女神輿)は無かったそうです。ちなみに母もまた川崎大師出身でして、電話してる向こうから「そーそー、おまたのは無かったよねー」とでっけえ声で・・・w
また、男性のご神体と男神輿はもちろんあったそうですが、今みたいに盛大に祭って文字通りお祭り騒ぎ!と言う雰囲気ではなく、特に遊びに行った記憶は無い、と言っておりました。幼稚園の行事か何かで参加したかも、とも言っておりました。
  • 2005-04-05 21:30
  • HIRO_KI
  • URL
  • 編集

[C1152]

HIRO_KIさんの子供のころから、この祭りはこのように行われていたのか、知りたいですね。

[C1151]

「ソウナンデス」って言ってたからわかってるんとちゃうの?
  • 2005-04-05 12:54
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

かなまら祭り1

きのう行った、かなまら祭りについて書きましょう。
場所は京急の川崎大師。
神奈川県です。

川崎駅から大師線に乗って3つ目です。
駅の周辺はすでにお祭りの興奮に包まれているような気がしました。


なんでしょう。
へんなTシャツを着た外人がいますよ。
ちょっと話しかけてみましょう?
「Are you 巨根?」
「ソウナンデス」

…開き直られてしまいました。

なぜこんなTシャツを着ているかって?
それはこのあとのお祭りの模様をみればわかります。


これが会場の神社です。
となりには幼稚園、病院があります。
幼稚園児にはこのお祭りのことをどうやって説明しているのでしょうか?


のぼりです。
キノコではありません。


境内はすでにごった返していました。
天気予報が雨、というのは見事に外れましたね。
「かなまら様」のご加護でしょうか。
それとも日本の気象衛星がちゃんと運用されていないことからくるであろう、ここ数年の天気予報の不正確さによるってことなんでしょうか?


AUTHOR: HIRO_KI DATE: 04/05/2005 01:41:58 こんばんは、西牟田さん。

俺の父が、この幼稚園出身です。若宮幼稚園ですよね。
隣に宮川病院があって、そこで二人とも祖父が亡くなってます。わらい。え、笑えない?

実は若宮幼稚園の目の前にある某所がうちの本家だったりするんで、
子供の頃、かなまら祭に行った記憶があります。
確かに奇祭ですが、どーにもそこ出身の人間には愛着のあるものです。

思いっきり地元が紹介されていたので嬉しくなって書き込んでしまいました。
それでは!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/851-91814e3a

トラックバック

コメント

[C1159]

おう。
  • 2005-04-07 00:56
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1158]

そうなんかな。
よかったら、その写真もアップしてください。

[C1157]

もしかしたら木の幹の御神輿のことかな。
  • 2005-04-07 00:06
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1156]

HIRO_KIさん、貴重な情報をありがとうございます。
20年前には、まだ外人は氾濫していなかったんですね。
そのころから、ピンクのエリザベス神輿はあったんでしょうか?

>父が子供の頃は女性のご神体(女神輿)は無かったそうです。

え、かなまらに、女性のご神体は出ていましたっけ?
西牟田君、ありました?

[C1155]

HIRO_KIさん
なるほどです。わざわざ電話までしていただき確かめていただいてありがとうございました。
杉岡さん
うんちくがふえてよかったなあ。
  • 2005-04-06 01:21
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1154]

なげえよ!と怒られましたので分割して・・・


って事は、まず今から40年ほど昔と、20年ほど昔では随分と祭りの雰囲気は違うのでしょうね。俺の記憶を遡ると、少なくとも出店(と言ってもあの狭い境内に2,3店だった気が致します)が出て、すぐ近所で楽しいお祭りが春にあると言うのは覚えているので、大よそ20年ほど昔と今とでは、変わっていないのかもしれません。間違いなく覚えているのは、当時は外人さんなんていらっしゃいませんでしたよ。ここ最近でメジャーになったんでしょうか。

と言ったところです。
長々と失礼致しました。
  • 2005-04-05 21:30
  • HIRO_KI
  • URL
  • 編集

[C1153]

>西牟田さん
>杉岡幸徳さん

俺が子供の頃は、ちんちんのお祭りーなどと今ではとてもではありませんが人前で発する事の出来ない表現をしつつ連れていってもらっていた記憶があります。

この話が出たんで、父に電話して聞いてみましたところ、父が子供の頃は女性のご神体(女神輿)は無かったそうです。ちなみに母もまた川崎大師出身でして、電話してる向こうから「そーそー、おまたのは無かったよねー」とでっけえ声で・・・w
また、男性のご神体と男神輿はもちろんあったそうですが、今みたいに盛大に祭って文字通りお祭り騒ぎ!と言う雰囲気ではなく、特に遊びに行った記憶は無い、と言っておりました。幼稚園の行事か何かで参加したかも、とも言っておりました。
  • 2005-04-05 21:30
  • HIRO_KI
  • URL
  • 編集

[C1152]

HIRO_KIさんの子供のころから、この祭りはこのように行われていたのか、知りたいですね。

[C1151]

「ソウナンデス」って言ってたからわかってるんとちゃうの?
  • 2005-04-05 12:54
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。