Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/885-aa085b2d

トラックバック

コメント

[C1236]

鍵盤の人ですから。
ライブ中の一曲、しかもリフですからね。
そうした表情までは確認出来ませんでした。

僕もハウさんのファンです。
  • 2005-05-10 19:27
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1235]

私はハウファンですが、
 ライルメイズさんは初見です。
 顔は似ている。もしかすると押さえにくいフレーズを顔をゆがめませんか?
 それだとますます似ている。
  • 2005-05-10 19:22
  • パンチポンチなおき
  • URL
  • 編集

[C1234]

こちらこそ。
おかげさまでサントラ見つかりました。
  • 2005-05-06 18:17
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1233]

大丈夫です!レンタル中古、3店全部攻めて参りました。
喫茶さぼうるがお休みでちょっと残念でした。

で・・・探していた曲ですが、

ナントたった今見つかりましたー!!!!!
他の方法で見つかりました!(狂喜乱舞)
きっとtagosakuさんのおかげです!ありがとうございます!
  • 2005-05-06 00:40
  • Jeni
  • URL
  • 編集

[C1232]

中古CD?中古専門店とレンタル店は離れているので注意。
南こうせつとサイババ。ビンゴ!!です。
  • 2005-05-05 22:07
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

似ている二人?

先月下旬、パット・メセニー・グループのライブに行き、レポートを載せたわけです。
その中でこんなことを書きました。

特に印象に残ったのはパット・メセニー・グループ流のヘビー・メタルともいうべき「ルーツ・オブ・コインシデンス」という曲。それまでピアノとキーボードを弾き、ずっと座っていた(ドラム用らしき椅子に座っていてこれはこれで忙しそうだった)ライル・メイズがギターを持って、パットとともに歪んだ破壊的フレーズを弾いたときだ。スティーブ・ハウ(YESや元ASIAのギター)にしか見えなかったのだ。笑。と。

これがそのライル・メイズさんです。


でこちらは僕が似ていると思ったプログレ界を代表するギタリスト、スティーブ・ハウさんです。ヘビっぽい(失礼)風貌が似ていませんか?

似てない?

こりゃまた失礼。


AUTHOR: tar_ks DATE: 05/03/2005 12:56:04 似てます。よくぞはっきり言って下さいました。
roots~でライルがギターを弾く時の「ゆらゆら」した腰の感じはどうかと思いますけど。やはり本業でのライルのほうが格好良いですね。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/885-aa085b2d

トラックバック

コメント

[C1236]

鍵盤の人ですから。
ライブ中の一曲、しかもリフですからね。
そうした表情までは確認出来ませんでした。

僕もハウさんのファンです。
  • 2005-05-10 19:27
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1235]

私はハウファンですが、
 ライルメイズさんは初見です。
 顔は似ている。もしかすると押さえにくいフレーズを顔をゆがめませんか?
 それだとますます似ている。
  • 2005-05-10 19:22
  • パンチポンチなおき
  • URL
  • 編集

[C1234]

こちらこそ。
おかげさまでサントラ見つかりました。
  • 2005-05-06 18:17
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1233]

大丈夫です!レンタル中古、3店全部攻めて参りました。
喫茶さぼうるがお休みでちょっと残念でした。

で・・・探していた曲ですが、

ナントたった今見つかりましたー!!!!!
他の方法で見つかりました!(狂喜乱舞)
きっとtagosakuさんのおかげです!ありがとうございます!
  • 2005-05-06 00:40
  • Jeni
  • URL
  • 編集

[C1232]

中古CD?中古専門店とレンタル店は離れているので注意。
南こうせつとサイババ。ビンゴ!!です。
  • 2005-05-05 22:07
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。