Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/901-22f28177

トラックバック

コメント

[C1241]

そうなんですね。熱帯なんですよね。
なおきさんのかわりにこの目にしっかり焼き付けてきますよ。
  • 2005-05-16 10:34
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1240]

子供の頃からの夢は沖ノ鳥島に椰子の木一本立てて
 ロビンソンクルーソー状態で、沖をとおる船に「おーい」と言うこと。。。。
 でも、コンクリートで蓋されちゃった。残念。
 無人島なのであえて発言します。
 ここは究極の「絶海の孤島」 (他で使うと問題ありか。。。)
 しかも日本領、気候分布図によると日本で唯一「熱帯」に属します。
  • 2005-05-15 19:49
  • パンチポンチなおき
  • URL
  • 編集

[C1239]

貧乏に耐えている特権みたいなものです。笑
施設ですか。僕も入ってみたいです。無理ですけど。
きくところによると発電機を回さない限り、電気はないみたいです。
携帯はもちろん通じないでしょうね。
国後島では通じたんですが。

  • 2005-05-14 01:43
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1238]

羨ましいです・・・
岩みたいな沖ノ鳥島も見たいですが、脇にある観測施設のほうが興味があります。
中に入ってみたい。
  • 2005-05-14 01:35
  • tar_ks
  • URL
  • 編集

[C1237]

彼は潜らないですね。
  • 2005-05-13 11:59
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

東京の果てはどこだ?

東は南鳥島というところで日本の最東端。
そして南は台湾よりも南にある沖ノ鳥島で、当然、日本の最南端でもあります。
誰も住んでいない小さな小さな島です。波風に削られ島そのものが消滅しかねない、ということで政府は島をコンクリートと鉄製の波消しブロックで覆い、チタンのネットでフタまでしています(東小島)。

実はこの島に行くことになりました。
石原東京都知事の視察に同行を許されたんですね。
名目?
もちろん取材ですよ。

詳細はこちら

船に100時間ほど乗るハメになりそうです。苦笑

なお島について詳しいことは以下を参照してください。
沖ノ鳥島写真館
沖ノ鳥島的FANクラブ あこがれの日本最南端沖ノ鳥島

地図は国土交通省東北地方整備局河川部のHPから。


AUTHOR: やまもと DATE: 05/13/2005 01:17:13 ははは、見ました。
確かに片道、船50時間だ。
船50時間でも都内か。こりゃすごい。
今回は、上陸できるんですかいな?
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/901-22f28177

トラックバック

コメント

[C1241]

そうなんですね。熱帯なんですよね。
なおきさんのかわりにこの目にしっかり焼き付けてきますよ。
  • 2005-05-16 10:34
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1240]

子供の頃からの夢は沖ノ鳥島に椰子の木一本立てて
 ロビンソンクルーソー状態で、沖をとおる船に「おーい」と言うこと。。。。
 でも、コンクリートで蓋されちゃった。残念。
 無人島なのであえて発言します。
 ここは究極の「絶海の孤島」 (他で使うと問題ありか。。。)
 しかも日本領、気候分布図によると日本で唯一「熱帯」に属します。
  • 2005-05-15 19:49
  • パンチポンチなおき
  • URL
  • 編集

[C1239]

貧乏に耐えている特権みたいなものです。笑
施設ですか。僕も入ってみたいです。無理ですけど。
きくところによると発電機を回さない限り、電気はないみたいです。
携帯はもちろん通じないでしょうね。
国後島では通じたんですが。

  • 2005-05-14 01:43
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1238]

羨ましいです・・・
岩みたいな沖ノ鳥島も見たいですが、脇にある観測施設のほうが興味があります。
中に入ってみたい。
  • 2005-05-14 01:35
  • tar_ks
  • URL
  • 編集

[C1237]

彼は潜らないですね。
  • 2005-05-13 11:59
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。