Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/973-accb8457

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

芝居小屋「康楽館」で常設公演が1万回 秋田・小坂

芝居小屋「康楽館」で常設公演が1万回 秋田・小坂2005年07月16日00時18分

 秋田県小坂町にある日本最古の木造芝居小屋「康楽館」で15日、常設公演が1万回に達した。「1人でも客がいれば幕を開ける」と、1日3回の舞台を20年続けた。


この芝居小屋の前、3年前の初冬に日本一周の途中、通ったことがあります。
鉱山の厚生施設としてできたそうです。
静かな静かなひっそりとした山の中の芝居小屋にあるということに興味を持ちました。果たして客は来るのだろうかと。もし、誰もいなくてつぶれてしまったらどうしよう。僕が入ってあげないと。そんな気にさせられ、入り口に立ってみるとすでにその日の公演は終了していました。

そうですか。一万回達成ですか。それはすごい。そのうちぜひ見に行きますからね。

以下は2002年11月の写真。


これが芝居小屋。


芝居小屋から奥へ行きます。


今はひっそりしていますが、明治時代は東洋一の銅山として栄え、最盛期には3万人もの人がいたそうです。鉱山の管理事務所もどおりで立派なわけです。

銅像はハイカラぶりに驚いている技術者夫妻を再現したもののようです。



これがたまげている?夫妻。


AUTHOR: ルンタ DATE: 07/17/2005 20:46:26 何だか明治村で見た建物に雰囲気が似ています。
でも芝居小屋にしては洋風でお洒落な造りですね。
行ってみたいです~(*^_^*)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/973-accb8457

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。